スイカナ日々

病や障害と生きる

ふるさとの誇り 旧遷喬小学校

こんにちは。

いそです。

 

わたしは岡山県真庭市というところで生まれ育ちました。

と言っても、わたしが地元にいた頃は市町村合併前でまだ「真庭郡」でしたが。

 

わたしの地元には旧遷喬尋常小学校校舎という歴史的建築物があります。国の重要文化財に指定されています。

 

f:id:iso92:20180822130841j:image

友人に送ってもらった写真。

 

 

遷喬小学校は現在、旧校舎とは別のところにありますが、明治40年に建築された古い旧校舎でわたしは6年間小学校生活を送りました。

 

とても古い木造校舎なので、あちこち木に穴が空いていて、授業中に椅子を引くと穴にハマってこけてしまったりすることがありました。

他にも、古くなった階段に穴があいたり。

 

それでも勝手に直してはいけないとかで、穴があいたら空きっぱなし。

今でこそとても味のある校舎だったなぁと思えるのですが、当時は不自由に感じたものです。

 

そんな遷喬小学校ですが、在学中に移転が決まり、わたしたちの学年が歴史ある木造校舎の遷喬小学校で卒業式をあげる最後の卒業生ということになりました。

 

通常は体育館で行われる卒業式を講堂で行うことになり、当日は記念ビデオの撮影も入り、独特の雰囲気の中での卒業式だったことを懐かしく思い出します。

 

あの趣のある木造校舎。

そこを学び舎とできたことは、わたしにとって幸運なことでした。

 

最近はテレビや映画の撮影に使われることがあると聞きます。

戦時中や戦後まもなくを描いた作品が多いようです。

 

いろんな時代を見てきたであろう、旧遷喬小学校。

わたしのふるさとの誇りです。

 

 

 

https://www.satofull.jp