スイカナ日々

病や障害と生きる

退職する看護師さんのこと

こんにちは。

いそです。

 

仮装とかパーティーとかまったく無縁ですが、今日はハロウィンでしたね。

 

大阪の病院に帰ってきてから、同室の患者さんからもらった折り紙のカボチャとオバケをずっと飾ってました。

f:id:iso92:20181031144133j:image

可愛いけど、明日から11月なのでもう片付けます。

 

わりと長い付き合いの大好きな大好きな女性看護師さんが今日で退職しました。

 

歌ったり踊ったりモノマネしたり、とにかくいつも笑わせてくれて、「スマイル忘れずに!」と言い続けてくれました。

 

話もよく聞いてもらったし、一緒に散歩に行くことも多かったし、冗談言って笑ったり愚痴を言い合ったり、気を遣わなくていい看護師さんのひとりでした。

 

退職の話を聞いたときはものすごくショックで、すぐに寂しくてたまらない気持ちになりました。

 

以前、仲良しの男性看護師さんが別の病棟に異動することが決まったとき、「いそさんとは縁があるからいつかまた同じ病棟になると思うよ。」と言われ、その通りになったことがあります。

 

別れで縁が切れる人もいるけど、ずっと続く縁もあると思うので、今日退職した看護師さんともきっとまたどこかで再会できると思います。

 

いい再会ができるように、ユーモアを忘れず可愛げのある大人でいたいです。

 

それでは今日はこのへんで!